再び、街中の紫陽花を。

6月初めに街中の紫陽花をUPしましたが、ここで見納めです。まずは、行者倍の好きな柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)。が、見慣れた花の様子とは異なる印象。 次は、新門前通。額紫陽花(ガクアジサイ)の中央にあるのが本当の花かな。以下の6枚は、智積院青葉まつりの時に見かけた紫陽花。背景は金堂。次は本紫陽花ですが、1つの花が赤紫・青紫の染め分けな…
コメント:0

続きを読むread more

長刀鉾稚児お千度の儀:2024年7月1日。

祇園祭が始まりました。多くの山鉾では、会所にご神体を祀り祇園祭の無事を祈る吉符入り(きっぷいり)という神事が行われますが、長刀鉾では5日。1日には八坂神社で稚児お千度の儀が行われます。今年のお稚児さんの画像から。 10時少し過ぎ、禿さんが前に、後ろにお稚児さんが南楼門をくぐってきます。左側の禿さんは京都市立朱雀第七小学校2年生(7歳)…
コメント:0

続きを読むread more

今日は夏越の祓の日。で、その準備の様子等を:北野天満宮の大茅の輪作り:2024年6月24日。

夏越の祓(なごしのはらえ)は、大晦日の年越の祓と共に大祓(おおはらえ)という、今年前半の身の穢れや災厄を祓う神事(行事)です。まずは、大茅の輪を。 最初の画像は完成形。次は、絵馬所で作成していた棒状の大茅の輪(の元:笑)。10数人で担いで、楼門へ。中央と左右から下がっているロープを掛け、大茅の輪を引き上げます。大茅の輪の両端を左右から…
コメント:2

続きを読むread more

一度、自分でベーグルを作ってみたかったので(笑)。

あじわい館でベーグルを作りました(笑)。最初は、行者橋作成のチーズクリーム(コーヒーシロップ掛け)、チーズクリーム&マスカルポーネ、ウインナーロール。 講師は、杉山太亮(だいすけ)先生。所ジョージが5%ほど入っているお顔立ち。用意された強力粉(キタノアカリ)・砂糖・塩にぬるま湯を入れて混ぜます。上の画像左はコーヒーパウダーとグラニュー…
コメント:4

続きを読むread more

青葉まつり@智積院:2024年6月15日。

昨年から、智積院青葉まつりの柴燈大護摩供法要後、火渡りがあると聞いてチャリチャリ。まずは、一般の方で最初に火渡りに挑戦された女性に敬意を表して。 真言宗宗祖・弘法大師空海と中興の祖・興教大師覚鑁(かくばん)の誕生(*注)を祝う青葉まつり。七条通の総門にも、緑の文字でその旨を記した看板が(右)。次の画像は、柴燈第護摩供法要(以下、護摩供…
コメント:0

続きを読むread more

田植祭@伏見稲荷大社:2024年6月10日。

久し振りに、伏見稲荷大社の田植祭に行って参りましたので、その様子を。 HP等では13時開始。が、それは本殿での神事開始の時刻。次は会場(神田)。既に、全面に田植用の苗が点々と…。で、14時過ぎ、神職他が登場。斎串(いぐし)・早苗の入った御幣櫃が続き、楽人・神楽女(かぐらめ)も着席。そして、田植をされる早乙女(男性をいらっしゃいます)も…
コメント:0

続きを読むread more

睡蓮@平安神宮神苑無料公開。

平安神宮神苑無料公開で撮影してきた花の内、本日は睡蓮篇。 神苑最初のエリア「平安の苑」には、睡蓮はありません。で、西神苑(白虎池)。花菖蒲と睡蓮、そして河骨(こうほね)が。次は白い睡蓮。こちらは、鮮やかなピンクの睡蓮。西神苑には黄色い睡蓮は見当たりませんでした。ということで、再び白い睡蓮。そして、中神苑(蒼龍池)。春に紅葉する野村楓(…
コメント:0

続きを読むread more

大幣神事祭@縣神社③大幣投げ入れ篇:2024年6月8日。

大幣神事祭は、大幣が街中を回って厄を集め、最後に大幣を宇治川に投げ入れることで、厄を払う神事です。最後のハイライトが宇治橋から投げ入れる場面。 祇園祭山鉾巡行で鉾町に帰った山・鉾が直ちに解体されるのと同じ役割です。宇治橋の上で縣神社の石鳥居を睨んでいると、幣差さんが見えてきます。と、御旅所から本町通と大幣殿を経て、県(あがた)通を疾走…
コメント:0

続きを読むread more

大幣神事祭@縣神社②馬馳せの儀篇:2024年6月8日。

大幣神事祭中盤の見所は、騎馬神人(きばしんじん・きばじにん:ひとつもの)が御旅所前の一ノ坂から坂上の四ツ辻まで馬を疾走させる馬馳せ(まばせ)の儀です。 次は、縣神社石鳥居前での神事中、待機する騎馬神人さん。今年は警備が厳しI!結局、近づいて聞けず、例年のように伺っていたお名前や所属等は未確認。上が出発点の様子。左に大幣、右に騎馬神人さ…
コメント:0

続きを読むread more

大幣神事祭@縣神社①行列篇:2024年6月8日。

宇治・縣神社(あがたじんじゃ)の大幣神事(たいへいしんじ)を今年は3回に分けて(笑)。まずは、宇治橋通(新町通)の御旅所近くでの大幣の画像を。 この神事の起源は、藤原氏が行った、お祓いの儀式「道饗祭:みちあえさい」。上の画像は、縣神社本殿前で待機中の関係者。で、徐々に大幣殿前に集合。上の画像右の裃姿は、「七度使い」のお兄さん。で、10…
コメント:0

続きを読むread more