"剣鉾"の記事一覧

嵯峨祭還幸祭の剣鉾:⑤牡丹鉾篇。

嵯峨祭還幸祭の剣鉾シリーズ、いよいよ最後の第5弾は牡丹鉾! 次の画像は、剣鉾が出発する前の役員のご挨拶の場面。天龍寺地区(嵯峨天龍寺瀬戸川町・嵯峨天龍寺龍門町・嵯峨天龍寺角倉町)が護持。上の錺は牡丹(上)と唐獅子(下)で、房は紺。で、額の表には「仏像」。次が裏、「大正拾年五月 発起 天竜寺青年會」。表裏共、両脇に百足(むかで)。百足を…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨祭還幸祭の剣鉾:④菊鉾篇。

嵯峨祭還幸祭の剣鉾シリーズ第4弾は菊鉾篇。まずは、この画像から。 実は、9時過ぎの時点で菊鉾は未到着。で、到着後に急いで立てます。錺部分の大写し。目玉のような菊紋と蝶が目立ちます。紐と房は紫。菊鉾の護持は四区(西井頭町・井頭町・小渕町)。額の表には「愛宕山大神」。なお、「井頭」は「いとう」です。で、額の裏には「野々宮大神」。差し上げ開…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨祭還幸祭の剣鉾:③麒麟鉾篇。

嵯峨祭還幸祭の剣鉾シリーズ第3弾は麒麟鉾(きりんほこ)。 次の画像は、澤瀉鉾篇でUPした画像の続き。神職の方が修祓(しゅばつ)中。 麒麟鉾の護持は中院町。次は錺部分。向かい合う麒麟。赤い房です。額の下は不明ですが、表には「愛宕大伸」。裏も「愛宕大神」。蕨手文(わらびでもん)のような模様が見えます。で、鉾差し出発。吹散は目立つ朱色。法…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨祭還幸祭の剣鉾:②龍鉾篇。

嵯峨祭還幸祭の剣鉾シリーズ第2弾は龍鉾篇。まずは、この画像から。 次の画像中央が龍鉾。護持されているのは大門町。剣先が長い! 錺(かざり)部分は向かい合う龍。その外側に白雲。緑の紐で固定し、房は白。額の表は「愛宕山」。裏も「愛宕山」。額の下は虎でしたね。2番目に差し始め、清凉寺に向かいます。吹散も鮮やか。足元は、澤瀉鉾と似た感じ。次…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨祭還幸祭の剣鉾:①澤瀉鉾篇。

5月26日、愛宕神社と野宮(ののみや)神社の共同祭礼・嵯峨祭の還幸祭での剣鉾の様子を。怒涛の5連発!です。まずは、澤瀉鉾(おもだかほこ)篇。 場所は、清凉寺門前の愛宕神社御旅所。5基の鉾が並びます。澤瀉鉾は右端。澤瀉鉾の護持は鳥居本町。錺(かざり)部分には、上に鳳凰、下に澤瀉。ここの5基にはそれぞれ房が付くのですが、紫と黄色。額の表に…
コメント:0

続きを読むread more

京都ゑびす神社例大祭・神幸祭の剣鉾は居祭なのですが…。

繁昌神社繁昌祭の剣鉾を撮影に行った後、京都ゑびす神社の予定を確認するために大和大路通をチャリチャリしていたら、ホテルの一角で何やら神事が。 で、左側に不思議な錺(かざり)の剣鉾!…今まで見たことが無い!若干、剣先の長さが寸詰まりの印象。額には色鮮やかな恵比寿様。お集りの大和町の皆様の話では、詳細不明。調べると、唐扇(とうせん)鉾と判明…
コメント:0

続きを読むread more

繁昌神社繁昌祭の剣鉾:2024年5月18日。

5月18日、繁昌(はんじょう)神社の繁昌祭(神幸祭)に剣鉾が出るとのことでGO!…近づくと鉾差しさんの法被が黄緑。これは瀧尾神社の鉾が出張か(笑)。 繁昌神社は四条烏丸交差点の西南にあり、徒歩10分弱(高辻通室町西入ル)。向い合う旧・成徳中学校の前に、鉾差しさや子供神輿が待機。事前に不明だった巡行路を神社の方に確認。四条高倉交差点は1…
コメント:0

続きを読むread more

須賀神社例祭の剣鉾:2024年5月12日。

毎年5月第2日曜日は、新日吉神宮と須賀神社の剣鉾で迷うのですが、須賀神社へ。まずは、橘鉾(紺)・葵鉾(青)・菖蒲鉾(白)の鉾差しさんと役員方の記念写真。 公式撮影直後なので、皆様の視線がバラバラ。次は出発前のお清めの塩の様子。13時30分過ぎ、須賀神社から鳳輦等の行列が到着したので剣鉾出発。以下、各鉾4枚ずつ。まずは、葵鉾。額(真ん中…
コメント:0

続きを読むread more

八大神社氏子祭の剣鉾:2024年5月5日。

八大神社氏子祭は、上一乗寺・下一乗寺・一乗寺住宅自治会の3地区で開始時刻・コースも別々に全部で8基の神輿が巡行するのですが、剣鉾は最も由緒のある上一乗寺の神輿・神幸列を先導します。まずは、3基の剣鉾の画像から。 15時半過ぎ、一乗下がり松の前で待機。と、鈴(りん)の音が。左・菊鉾、右・龍(りょう)鉾が担がれて、奥・柏鉾が差されて登場!…
コメント:0

続きを読むread more

大豊神社氏神祭の剣鉾・後篇(若王子神社南~高岸北公園):2024年5月4日。

さて、後篇最初の画像は4基揃い踏み。左から、菊鉾・扇鉾・葵鉾・観音鉾。 で、若王子神社近くまで行かなかった2基の鉾は冷泉通で鉾差し。まず、葵鉾。次は、鈴(りん)が棹と重なってますが大写し。次は、扇鉾。電線の間を縫って差します。次は大写し。で、剣鉾は太鼓等の巡幸路から少し外れ、北ノ坊町南部を通過して鹿ケ谷通へ。そして、冷泉通に戻り錦林市…
コメント:0

続きを読むread more