嵯峨祭還幸祭の剣鉾:②龍鉾篇。

嵯峨祭還幸祭の剣鉾シリーズ第2弾は龍鉾篇。まずは、この画像から。
2024.05.26嵯峨祭 (6)龍鉾.JPG
次の画像中央が龍鉾。護持されているのは大門町。剣先が長い!
2024.05.26嵯峨祭 (33)麒麟鉾・龍鉾・澤瀉鉾.JPG
錺(かざり)部分は向かい合う龍。その外側に白雲。緑の紐で固定し、房は白。
2024.05.26嵯峨祭 (13)龍鉾.JPG
額の表は「愛宕山」。
2024.05.26嵯峨祭 (48)龍鉾.JPG
裏も「愛宕山」。額の下は虎でしたね。
2024.05.26嵯峨祭 (54)龍鉾.JPG
2番目に差し始め、清凉寺に向かいます。吹散も鮮やか。
2024.05.26嵯峨祭 (70)龍鉾75.jpg
足元は、澤瀉鉾と似た感じ。次の画像左の白足袋・藁の一文字は麒麟鉾の人。
2024.05.26嵯峨祭 (34)龍鉾.JPG
次の画像も、澤瀉鉾同様に剣先・房・鈴のバランスがGOOD。
2024.05.26嵯峨祭 (73)龍鉾.JPG
房が跳ねるように広がり、美しい!…清凉寺を背景に。
2024.05.26嵯峨祭 (74)龍鉾.JPG
法被の背中には龍の文字。大覚寺門前交差点で鉾差し披露。
2024.05.26嵯峨祭 (137)龍鉾.JPG
ここは電線が交錯して、差すのが難しそうなのですが。
2024.05.26嵯峨祭 (139)龍鉾.JPG
ということで、龍鉾は以上。次は麒麟鉾(きりんほこ)です。

この記事へのコメント