この記事へのコメント

narahimuro
2024年02月02日 00:01
行者橋様へ
若くしてお亡くなりになった奥様の事、
さぞここ残りに感じられているでしょう。
先週、トルコへ行ってきましたが、同行の
男性の方も50代半ばで奥様を亡くされていました。
元気なら一緒に海外へ出かけられたのにと述懐されていました。
大学の学友にも、昨年に鬼籍に入られた方がいて
改めて、新年を迎えられることの意味を感じるこの頃です。
行者橋 渡
2024年02月03日 01:55

narahimuro様、コメント有難うございます。女房の分も長生きしようと日々過ごしております。