十五夜の月&十三夜の月。

行者橋が好きな言葉、というか面白い表現だなぁと思うのが「片月見」-旧暦八月・十五夜の月見だけして、旧暦九月・十三夜の「後 (のち) の月見」をしないことーという言葉です。次の画像は、今年9月29日の中秋の名月「十五夜」。
2023.09.29中秋の名月・満月 (8).JPG
次の画像は、今年10月27日の十三夜の月。確かに左上が少し凹んでます。
2023.10.27角田家・十三夜月・墓参 (25).JPG
次は再び十五夜の満月ですが、これを愛でるのは中国の風習とか。
2023.09.29中秋の名月・満月 (2).JPG
一方、次の画像の十三夜の月を愛でるのは、日本独自のものだそうです。
2023.10.27角田家・十三夜月・墓参 (23).JPG
十三夜の月を愛でる心は、『徒然草』第137段「花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは」の完璧じゃない状態を楽しむ日本人の心情なのでしょう。実は、片月見は災いが来るといって忌まれ、良くないとされています。
2023.09.29中秋の名月・満月 (6).JPG
上の十五夜、下の十三夜の両方を祝い、収穫に感謝したのでしょう。
2023.10.27角田家・十三夜月・墓参 (24).JPG
十五夜は芋名月、十三夜は栗名月・豆名月と呼ばれます。ちなみに、両方の月は同じ場所から眺めるのが良いとされていますが、今回の画像、十五夜は京都、十三夜は東京で撮影したものです。

この記事へのコメント