今月の「米村」さん:2023年6月。

ここ数か月、新門前通の高級料理店「新門前 米村」(以下、「米村」さん)の店頭ディスプレイが前年と変わらなかったので割愛しておりましたが、久々にご紹介。これは、1日に撮影した画像。ドード-鳥でしょうね(昼)。
2023.06.01米村さん (6).JPG
6月1日には新しいものに変わっていたのですが、次は全体像(昼)。
2023.06.01米村さん (14).JPG
上はお昼バージョン。続いては、数日後の夜バージョン(夜)。
2023.06.01米村さん (15).JPG
実は、1日とはドードー鳥の位置が変わっています(夜)。
2023.06.01米村さん (16).JPG
上の画像右は、バニラビーンズだと思いますが、確信無し(昼)。
2023.06.01米村さん (3).JPG
真ん中はお花。水石とは言わないのでしょうね(夜)。
2023.06.01米村さん (18).JPG
次は、少し上の角度から(昼)。
2023.06.01米村さん (5).JPG
そして、再びドードー鳥(ドードーだけの言い方も・夜)。
2023.06.01米村さん (12).JPG
モーリシャス島に生息していた絶滅鳥類として有名ですね。そして、掛軸(夜)。
2023.06.01米村さん (7)70.jpg
そして、大写し(夜)。
2023.06.01米村さん (22).JPG
掛軸の左に「Omina habent Tempos.」とありました。で、真横から(夜)。
2023.06.01米村さん (24).JPG
「omnia tempus habent」だと、「オムニア・テンプス・ハベント」と読むラテン語で「すべての物事は時を持つ=何事につけ、行うのに適切な時がある」との意味だそうですが、少し違うので詳細不明。*以下は、追記
2023.06.09街角の紫陽花 (58)新門前通.JPG
9日に前を通ったら置物が増えていました。花は時々、変化しますが…。
2023.06.09街角の紫陽花 (59)新門前通.JPG
鯨のように見えるのですが、正体不明です。

この記事へのコメント